すべては家族を見返すため。僕は副業を思い立った。

なるほど、あなたも「はじめに」からちゃんと読みたい人でしたか。

ようこそ。
あなたと僕にはたくさんの共通点があるようです。

まずは、このブログに興味を持っていただいたことに感謝いたします。
ありがとうございます。

これからこのブログを通じて行うあなたと僕の対話は、
僕にとっても、あなたにとっても、
価値あるものであると信じています。

あなたが投じていただいたコストに対して、
僕も精一杯お応えできるよう向き合っていきます。

まずは、この世で一番大切あなたの時間
イマココに投資いただき、大変感謝しています。

本当にありがとうございます。

申し遅れました。

はじめまして、nicoです。
僕は5歳と3歳の男の子のお父さんです。

webディレクターという仕事でサラリーをいただきながら、
副業として「インターネットで稼ぐ」を実践しています。

なぜ、安定した給料がありながら
副業にも精を出すのか。

あなたはお父さんですか?

我が家は妻と子供2人と僕の4人家族です。
妻は専業主婦をしています。

つまり、我が家の収入は僕がいただくサラリーの報酬のみ。
それだけで4人家族が生活し、
子供にかかってくる費用もまかなっていかねばなりません。

あなたが毎月どれくらい稼がれているかはわかりませんが、
このサイトにたどり着いたということは、
現状の収入では十分とは言えず、
何らかの収入増の手立てを模索しているからではないでしょうか?

子育てにかかる費用をシミュレーションしてみたことありますか?

お子さんをお持ちであれば、
一度は将来かかってくるお金をシミュレーションしたことがおありだと思いますが、
大学卒業までにかかる教育費だけでも子供一人あたり2,000万円と言われています。

将来かかるお金をシミュレーションしてくれるサイトがありまして
僕も一度やってみたのですが、
その結果に驚愕しましたね。

はい。

今から毎月74万円貯めれば大丈夫だそうです。

そかそか、74万円ずつ貯めればいいのか。

74万円…。

いったいどうやって??笑

毎月74万円貯めるって、
入ってくるお金が半分以下なのにどうしろというのでしょう…苦笑

サラリーだけではとても無理です。

薄々は感づいていましたが、
毎月の給料だけでは食べるのでやっと。

ちょっと旅行に行ったり、
子供に習い事をさせてあげたり、
ユニクロ以外の洋服を買っておしゃれをしたり
なんてことはとても叶わない。

これがシングルインカムの家計の現状ではないですか?

日に日に、年々、険悪になっていく夫婦関係

結婚前は、

「お前は働く必要ない。オレがちゃんと稼いでくるから。」

と大風呂敷を広げていたわけですが、
蓋を開けてみればびっくり、
とても僕一人の給料だけじゃ全然足りなかったわけです。

おかげで夫婦仲は年々険悪に。

月末恒例の夫婦喧嘩、
毎年夏にやってくる妻の不機嫌。
(今では夏に限りませんが…)

あ、夏の不機嫌の原因は、
妻の唯一の趣味である夏フェスへの参戦が
金銭的な理由で毎年毎年叶わないことに起因しています。

「来年は絶対に行こうね。」

結婚以来、これが我が家の夏の恒例文句になっています。

何か支払いが発生するたびに
勃発する言い争い。

「このカス。」

とでも言いたげな彼女の態度、
口も聞いてくれなければ
目も合わせてくれないという日が、
年々増えています。

綺麗ごと抜きにして、ぶっちゃけお金欲しくないですか?

「お金がすべてじゃない!」

といいますが、
僕の経験上、少なくとも、
お金がないとそんなセリフは絶対に言えません。

結婚して5年。

まずは最低限の生活の安定や
ちょっとした楽しみに使えるだけのお金がないことには、
「幸せな家庭」というステージの
スタートラインにも立てないということがよくわかりました。

先ほど提示したシミュレーションの結果からも、
これから子供が大きくなるにつれて
教育費や遊興費、
日々の食費や交際費、雑費と、
さらにお金がかかってくることになります。

だからと言って、妻に対して

「お前も働けよ!」

とか、
息子たちに

「ごめん、大学なんか行かずに働いてくれ」

とも言いたくないわけです。

ではどうするか?

「自分で稼ぐしかない」

ということになります。

今のままのあなたで、10年後の生活はどうなっていますか?

今、サラリーでいただいている報酬が、
5年後、10年後にどうなるか。

これについてはあまり考えなくても見えているわけですよね。

あなたの上司の年収をご存知ですか?

劇的な出世や、
奇跡的な何かが起こったとしても、
上限は想像できてしまうわけです。

サラリーマンの生涯賃金が2億円とか3億円とか言われるのを耳にしますが、
定年まで何十年と働いて、たったそれだけです。

3億円というのはある程度出世した場合の金額らしいので、
大半の人は2億から2億5,000万くらいと言われています。

たった2億円で家族を養い、長生きできるのか?

たった2億円で何十年も家族を養ったり、
住まいを確保したりしなければならないわけです。

マンションを買うとしたらいくらかかりますか?

安いものでも3〜4,000万はしますよね?

夢のマイホームはどうでしょう?

35年ローンで手に入れたとして、
それだけ払えばいいというわけではありません。

10年も経てばメンテナンスが必要になってきます。

8万円の家賃の賃貸に住み続けるとしても、
あと50年生きるとしたら家賃だけで4,800万円です。

それに加え、2年ごとに更新費を払ったりする必要もありますよね?

住居を確保するだけでも生涯年収3億円のうちの5,000万円も使ってしまうわけです。

他にも税金や保険、
毎月どれだけ持っていかれていますか?

それも込みで2億円ですよ。

定年後の老後も心配ですよね?

年金など、本当にあてにできません。

現状でも、実際の受給金額を見ると、
厚生年金で夫婦2人分で月に14万円。
国民健康保険だとわずか5万円です。

親の介護もしなければいけなくなるでしょう。

自分たちの老後も心配です。

だから少しずつでも蓄えを作らなければいけない。

毎月ギリギリの中で蓄える余裕、
ありますか?

それはそれは爪に火を灯すような慎ましい生活を送ったとしても
無理だよねって話です。

そんなギリギリの生活で幸せと思ってくれる、
感謝してくれる家族が、
この情報に溢れた現代に果たして存在するのでしょうか?

溢れ出るリア充の日常

facebookを開けば、
南の島で笑っている知り合いがいます。

インスタを開けば、
おいしそうな料理を投稿し続ける友達がいます。

「人は人!うちはうち!」

などと言ったところで、
大黒柱である父に向けられる視線は“諦め”や“見限り”といった、
切ないものであろうことは想像に難くありません。

そうです。
妻や子供たちの生活に制約を設けてしまっているのは、
他でもない、父である僕やあなたの収入だからです。

「能無し」

というレッテルを、一番愛して欲しい家族から貼られてしまう。

僕にはとてもそんな状況は耐えられません。

だから、立ち上がらなければならないのです。

サラリーという最低限を確保しながら、プラスの収入を確保していく

今の収入に満足していないからといって、
突然会社を辞めて自分でビジネスを始める!
などという暴挙は、
家族をお持ちのあなたや僕には当然選べない選択肢です。

いきなり辞めて来月の収入がゼロになった時点で終了ですから。

今の仕事を続けながら、
なんとか時間をやりくりし、
月に5万〜10万円の収入を上乗せする。

これならどうでしょう?

5万〜10万円が今の収入に上乗せされるだけで、
だいぶゆとりが出ませんか?

心にも余裕が出てくることでしょう。

では、
サラリーという約束で時間と労働を捧げている身で、
プラスアルファの収入をどう構築するか?

例えば、9時-5時できっちり解放されるようなところにお勤めであれば、
終業後に居酒屋やコンビニでアルバイトしたり、
朝早く起きて健康維持を兼ねた新聞配達をするのもいいかもしれません。

ですが、そんな羨ましい状況にいる方は
果たしてどれくらいいるでしょうか。

少なくとも、
僕にはその選択肢はありませんでした。

帰りはいつも終電間際で
帰宅すると日付が変わっている。
それでも仕事が捌ききれずに週末も自宅で資料を作る。

ブラック企業などと揶揄されることが多いですが、
低迷中の日本経済の中、
どこも真っ先に削るところは
固定費である「人件費」になるであろうと思われます。

必要な人員が満足に与えられない状況で
割りを食うのは当然我々兵隊ですよね。

よほどの大企業かお役所にお勤めでもなければ、
ほとんどこのような状況ではないでしょうか。

1日2〜3時間を捻出して収入に変えていく

そこで僕が選択したのは「インターネットで稼ぐ」ということです。

自宅でインターネットを使って稼ぐことができれば、
時間の制約はないですし、
調整も自由です。

アルバイトの時給のように決まった報酬ではないので、
やればやっただけ、また1時間をいくらでもレバレッジさせることができます。

時給1,000円だと50時間働かなければ5万円になりませんが、
インターネットビジネスであれば、30分が5万円にも10万円にもなる可能性があるわけです。

目指すべきは時間と労働の対価としていただく労働収入ではなく、
みんな大好き魔法の言葉、

「不労所得」

ですよね。

せっかく5万〜10万円の所得を上乗せできたとしても、
深夜も土日も働きっぱなしで子供と遊ぶ時間がなかったり、
家族で過ごす時間がなかったりしたら、
本末転倒になってしまうのではないかと思います。

家族から感謝され、不自由のない幸せな時間を過ごす。

得たいものはこれなわけです。

どれくらいの収入を得たいのか?
いつまでに得たいのか?

にもよりますが、
インターネットビジネスは自分のペースで進められ、
コントロールできるという利点があります。

ネットでビジネスって何をすればいいの?

僕は、約3年前に副業を思い立ち、
まず取り組んだのが「せどり」でした。

元々買い物が好きということもあり、
(物が欲しいというよりは買うことが好き)
最初は楽しくやっていました。

僕がやっていたのは、音楽CDやDVDを街で買ってきて、
それをAmazonやヤフオクへ出品して利ざやを取るという方法でした。

CDやDVDって初回限定盤とかありますよね?
結構プレミアがついて高くなっている物ってたくさんあるんです。

Amazonってものが安く売っているところだと思いがちですが、
実は定価の何倍もする値段で販売されている商品がたくさんあります。

それを狙って仕入れていました。

せどりである程度利益も出ていました。

週に1度くらい、月にして4日くらい仕入れに行って、
だいたい月の売り上げが30万円くらいになっていました。

音楽CD、DVDのジャンルだと、
30万円の売り上げで利益は20〜30%くらいというところでした。

なので、利益としては5万から10万円くらいの感じでしたね。

もちろん、せどりなんて初めてで、
どうしたらいいか、何から始めたらいいか、
ノウハウ的なところはまったく知りませんでしたので、
生まれて初めて、
いわゆる高額塾というものに入り、学びました。

このせどりの塾に入ったことは後悔していないですね。

高額塾に入ってもまったく結果が出せずに、
「詐欺だ!」とか書かれているのを見かけますが、
僕はたまたま運が良かったのかもしれません。

ちゃんと元も取れたし、利益も出せていたし、
仲間も楽しい人たちばかりで、
たくさんの学びが得られました。

いち早く結果を出したいのであれば、
僕は、高額塾は決して高い投資ではないと考えています。

もちろん、「どの塾を選ぶか?(誰に学ぶか?)」は
とても重要だと思いますが。

続かなかった「せどり」という副業

話が逸れましたが、
そんな感じで利益は出せていたのですが、
せどりからは手を引くことになります。

「儲かってたなら続けたらいいんじゃないの?」

とお思いになるかもしれませんが、
「続けられる」というのは非常に重要な要素で、
「続けることが苦痛」だった場合、
この「続ける」というのはやはり困難になってしまうんですよね。

「え?買い物好きだったんじゃないの?」

はい、買い物(仕入れ)は好きでした。

今でも、お?これ利益取れるんじゃない?と、
普通に買い物している時もAmazonで値段調べたりしちゃってます。笑

買い物は好きだったのですが、
出品が苦手というか苦痛だったのです。

僕が扱っていたのは、新品より中古の商品の方が多かったので、
その分、出品作業も手間がかかったのです。

クリーニングして、消毒して、ケースが割れていたりしたら交換して、
きれいなフィルムで梱包して、Amazonに出荷する。

CDなんて1枚あたりの利益が300円〜よくて1,000円くらいなので、
ある程度の金額を稼ぎたいと思ったら、
必然的に数を捌く必要があるわけですね。

1回の仕入れで何十枚もCDを買ってきて、
クリーニングして、消毒して、ケース交換して、
きれいなフィルムで梱包して、出品する。

せどりで稼いでいる人は
この部分を外注化している方も多いと思いますが、
僕は変なところに神経質というか律儀というか、
そんなところがありまして、
不安で人に任せることができなかったのです。

Amazonに自分のSHOPを出して商品を並べて、
それをお客様に買っていただくという、いわゆる客商売なので、
お客様の手元に届く商品が最終的にどんな状態で出荷されたのか心配になってしまうのです。

ちゃんときれいにクリーニングされているか、
梱包は丁寧かっていうのがいちいち気になってしまい、
そこを人に任せるということができなかったですね。

とはいえ、会社にも通いながらの作業なので、
一人で捌ける数にも限度があり、
妻に手伝ってもらったりもしていましたが、
徐々に仕入れから出品まで日が空いてしまうようになっていきます。

仕入れから出品まで日が空いてしまうとどうなるか。

相場の値段が変わってしまって、
仕入れた時は利益が取れる計算だったのに、
出品するときには利益が取れなくなってしまうということがよくあるのです。

なので、仕入れたらその日に出品とかできないと
しっかり利益を確保していくことが難しいのです。

本業が忙しくなっていったということもあり、
せどりの作業にかけられる時間が減っていくのと同時に、
出品されないままの在庫が家に増えていき、
出品されなければ当然売れないわけですから、
キャッシュフローも止まってしまう、という状態になりました。

基本的に、せどり資金が潤沢にない我々のような副業組は、
「複利で回す」ということが基本なので、
1つ売れたらその利益ごと次の仕入れにつぎ込み、
それを繰り返して取り扱い点数を増やすことで
売り上げも利益も上げていくのです。

一度売り上げが止まってしまうと、
当然仕入れができなくなるので、
そこで終わってしまうわけです。

せどりは結局、ゴリゴリの労働収入だった

たくさん稼げるようになっても
比例して時間がなくなってしまうというのは
僕が目指しているところとは違うので、
結局せどりは撤退することになります。

あ、もしせどりに興味ある方がいらっしゃったら
ある程度ノウハウはありますので、
ご質問いただければお力になれることはあるかもですね。笑

私にはアンマッチな方法だったので、
私は撤退しましたが…。

それからは色々とノウハウを買いまくって、
書籍も買いまくって、
見事なノウハウコレクターとなり、
「これだ!」というものに出合いました。

それが「アフィリエイト」です。

その時々の収入ではなく、目指したのは資産化という考え方

アフィリエイトとは、
簡単に言うと広告ビジネスです。

自分でブログやサイトなどのメディアを作って、
そこに広告を貼って、クリックされたらいくらとか、
そこから商品販売ページへ誘導して、売れたらいくらとか、
紹介料がもらえる仕組みですね。

一口にアフィリエイトといっても、
細かく分けるといろいろなやり方があります。

僕が取り組んだのは、
トレンドアフィリエイトという方法。

旬なキーワードを使って記事を書き、
そこにGoogleのアドセンス広告を貼って、
記事を見た人にクリックしてもらえれば報酬が発生するというもの。

記事にするネタのジャンルは人それぞれ、様々あり、
主なところでいうと、
芸能ネタとか、季節の行事ネタとか、
テレビドラマネタとか、日々のニュースネタとかですかね。

そういうところからキーワードを拾ってきて
それをネタに記事を書いてアクセスを集めるという方法です。

他にもアフィリエイトの方法としては、
クレジットカードや保険を紹介して申し込みされると報酬が発生するものや、
化粧品や健康食品などを紹介するもの、
エステや脱毛など店頭での無料体験などを紹介するものなど、
いろいろあります。

Amazonや楽天で売っている商品をアフィリエイトすることもできますし、
Appleのアプリをアフィリエイトすることもできます。

なぜアフィリエイトという方法を選んだのかというと

投資した時間や作業を資産化していきたいという思いがあったからです。

せどりのように自分がやらなくなったら収入も止まってしまうような方法は、
もうやりたくなかったんですよね。

それだとずっと働き続けなければいけないから。

もちろん、すべてを外注して仕組み化してしまえば、
自分は何もせずに収入を得ていくことは可能だと思います。

思いますが、
完全に他人を信用できず、
なんでも自分でやりたがってしまう自分には
ちょっとできなかったんですよね。

結局自分が手を動かすことになるんでしょ??

と思ってしまって。

そこで、自分がやった作業が資産になっていくようなものに取り組もうと思い、
アフィリエイトがいいなとやってみた次第です。

さて、ずいぶん前置きが長くなりましたが…

このブログ「逆襲の父。」では、
アフィリエイトを始めとしたネットビジネスを通じて
今の収入にプラスアルファの収入を確立し、
散々自分をバカにした妻を見返すとともに、
家族全員に感謝させてやる!ということを目的に、
それを達成するために必要なコンテンツを提供していきます。

ノウハウや実践から得た知見、日々の学びから得た気づきなどを共有することで、
一人でも多くの、僕と同じ境遇にある「父」の救いとなればと思っています。

ただ「読んでよかった」ではなく、
僕もあなたもしっかり結果を出していき、
「生意気な妻をひれ伏させる」という目的を
ぜひ達成していきましょう。

そのために僕がお力になれるのであれば、
これ幸いです。

「あなたと結婚してよかった…。結婚してくれてありがとう。」

と言わせてみせましょう。

さあ、

Father's Counterattack!!のはじまりです。

\この記事はどうでしたか?/

© 2021 逆襲の父。